ある学会の黒いソレ

今日は最近よくいっしょに演奏させてもらっている、
バークリー音大主席卒業のギタリスト"根来正幸"さんと、
ドラムの"村上友"さんとのトリオでちょっとした演奏をしてきました。

今日もたくさんの方々に演奏を見ていただいて、
ありがたい限りです…

…が、今日はちょっといつもと雰囲気が違いました。



今日は創価学会の会館で演奏してきました。



その会場をドン!
b0147363_0391496.jpg

ちなみにステージ(?)に乗っている黒い"ソレ"が開いている時は撮影厳禁らしいです。


畳の大部屋での演奏は初めてだったのですが、
畳が音の高域、低域をキレイに吸収してくれているようで、
耳障りのいい音だけが響くというとても気持ちのいい環境でした。

ただ演奏内容は、
"Summer Time"をアップテンポのジャズワルツで、
"Cantelope Island"をファンクビートで、
"Mr.PC"をテンポ250前後でという大人気ない感じでした~
(根来さんのディストーションギター炸裂!
お客のおじいさん錯乱…)


そんな感じで無事に(?)演奏が終わり、
お弁当を頂きながら根来さんと話をしました…



…そこで初めて2部形式である事を知りました。



1部は壮年部。
家族の事情等、
あまり夜遅くに外に出れない方の為の会。

2部は青年部。
21:30からの会。
ヤンママ等も参加していてビックリでした。



お弁当を食べて眠くなった僕は完全に"壮年部仕様"です。



そんな"おねむ"の僕はさておき、
青年部が始まりました。

会の最初にお経を読みます。


僕はお経のその平坦な8beatの仮想の2,4拍に想像のスネアを入れ、
頭の中でのヘビメタビートに酔いしれながら、
随所に出てくる6/4+(4/4+3/8)の変則ビートにトリップしながらやり過ごしました。
(青年部より壮年部の代表の経が格好よかったです。
お経ってよむ人によって全然変わるんですね~
僕のおばあちゃんのお葬式のときにお経をあげた人がCDを出したら絶対買います。
…各方面の皆さん、
そしておばあちゃん申し訳ありません;)


お経の後1曲だけ演奏しました。

なぜ青年部は1曲だけかというと、
その後に別の出し物があるからです。



出し物の、
この日の為だけに結成されたアイドルグループ"羞羞恥心心"のパフォーマンス、
3の倍数と3の付く数字のときだけアホになるのを5人で順番に"100"まで言い、
間違えたらハリセンで叩かれるというパフォーマンスの詳細はここでは割愛します。
(楽しませてもらいました…)



いろいろありましたが、
皆さんとても温かい人柄で楽しく演奏させてもらいました。


最後にサイレントベースナメのステージ上の黒い"ソレ"の写メをドン!
b0147363_1403979.jpg

とりあえず会の後で頂いた、
某"やめられない、とまらないお菓子"をベースにセッティングして撮影しました。


昨日もいい経験をさせて戴きました…



さぁ今日は枚方で演奏ですね~
by u-bass | 2008-06-29 02:14 | 活動日記…?