ハードコアセッション処女航海の中で

昨日は六甲"maiden voyage"にてジャズセッションでした~

セッションホストは僕と、
テナーサックスの"荒崎英一郎"さん。

ゲストは"布施明仁"さんでした♪

"布施明仁"さんは珍しい7弦ギタリストで、
ギターですがベースの音域まで守備範囲を持つという、
恐ろしい楽器のスペシャリストです…!

同じ7弦ギターでも、
korn等のヘヴィー・ラウド・ハードコア系の方が使う7弦ギターとは少し趣が違います。

セッションを始める前の、
僕達セッションホストによる演奏は、
テナーサックス、
ソリッドギター(ホロウボディだったかも)、
エレキベース、
ウッドベース、
のようなサウンドでした。。

つまり僕は低音を"弾かなくてはいけない"という制約がなくなったのですね~
(そんなの最初から思ってない…かもゞ)


そしてその演奏内容。

"布施明仁"さんのギターの音自体は、
そのお人柄のような素朴で素晴らしい音色でしたが、
その音の選び方、積み方…


hardcore...


絶妙に間違っていない音で、
絶妙に普通でない音で、
絶妙なフレーズを、
鼻歌でも歌うかのように弾いていました。。

僕は"布施明仁"さんはもっと"ストレート・アヘッド"なイメージを持っていたのですが、
もちろん"ストレート・アヘッド"な演奏も難なくできる方ですが、
こんなに最高に刺激的な演奏をされるとは!

同じ7弦ギターでもハードコア系の方が使うギターとは違うと言ったものの、
弾く方がハードコアならハードコアギターですねゞ

結果は同じという事です(笑)
(ヘヴィー・ラウドではないですが。)


"荒崎英一郎"さんはそんな演奏を受けて、、
いや、いつも通り(笑)、
鼻歌でも歌うかのようにキレッキレの演奏をしていました~

いつもながらこの方のトーンとフレージングは本当に素晴らしいですね~!


僕はこのお2人の演奏を受けて、
鼻歌でも歌うかのように…

とはいきませんが(笑)、
感覚をガッバガバに広げて、
頭の中脊髄から出てくる音を、
ウッドベースで奏でていきました。


あぁ気持ちのいい演奏でした♪


もっと練習してもっといい演奏がしたいですね~


ってセッションの全容を日記にするハズが、
ホストの演奏だけで書きすぎたゞ

とりあえずセッションの様子をドン!
b0147363_18463114.jpg

昨日はサックスの方に沢山来て頂いて、
今ステージ上に4人(1番左は荒崎さん)乗っていますが、
もっと来て下さいました!

続いてドン!
b0147363_1846488.jpg

後ろにギターの方(ちなみに布施さんはステージ右端にいる方)、
更に後ろにベースの方が重なって分かりづらいですが、
ステージのセンターにヴァイオリンの方、
その横にパーカッショニスト(ボンゴ)がいて、
楽器も自由ですね♪

個人的にはスイングジャズにパーカッションが入っているサウンドが好きなので、
また是非遊びに来て頂きたいですね~

そしてドン!
b0147363_18472524.jpg

ステージ上から客席側を写したのですが、
これは良くわからないですね、
失礼致しましたゞ


昨日は専門学校の後輩の方達にも来て頂きました♪

皆さん1年生なのに上手でした~!

せっかく学校に近いライブハウスなので、
もっと沢山来てくれたら嬉しいですね♪

ちゃんとしたステージがあって、
ちゃんとしたPAさんがついて、
ちゃんと照明が当たって(笑)、
しかもこんなにいい雰囲気で進むジャズセッションってなかなかないと思うのですが♪

そしてその中に上手なベースの方もいたのですが、
その方がジャズベースのお手本のような演奏をして下さって、
いかに僕の演奏がいわゆるジャズベースらしい演奏をしていないかを再確認しました(笑)

僕はいわゆるジャズベースっぽくなくても、
僕なりにウッドベースの特性を生かした歌い方をしていきたいですね!

ウッドベーシスト北出裕一として。

…まぁもっと練習ですがゞ


さぁ今から参加バンドのロックインストバンドapprox.の練習ですね!

昨日はウッドベーシスト北出裕一でしたが、
今日はエレキベーシスト北出裕一です~

分けて考える必要もないですが、
中途半端はいけないですからねゞ


叩きまくってきます(笑)
[PR]
by u-bass | 2009-05-28 18:54 | 活動日記…?